不動産仲介と買い取りにつ…

Blogs不動産仲介と買い取りについて

 

さて、今回は売主様によくご質問いただく「買取と仲介どちらがいいの?」の内容です。
 
この答えは、売主様の事情によって変わってきます。
 
不動産業は安く仕入れて(買取して)、高く売るのが仕事です。
ですので、買取よりも仲介で売却したほうが、一般的には手元に残る金額は多い可能性が高いのです。
だからといって、仲介のほうがお得とも限りません。
 
不動産買取のメリット
・すぐに現金化するため、スケジュールを立てやすい。
・買主が業者なので、中古住宅の場合の残置物の処分や土地の測量などの
 手間及び費用は業者持ちでの査定も可能。手間がかからない。
不動産買取のデメリット
・仲介よりも価格が安い可能性が高い
 
不動産仲介のメリット
・自分で売却価格を不動産業者と相談の上、決められる。
・相場の査定額よりも高く売れる可能性もある。
 
不動産仲介のデメリット
・いつ売れるかわからないので、計画が立てにくい。販売期間が読めない。
・買主が一般の方なので、条件交渉などもあり、手間がかかる。
・居住中の中古住宅の場合は、内覧を何度も受け入れなければならない。
 
不動産売却の場合、様々な事情で急がなければいけないこともありますので、
そういった場合はほぼ買取となりますし、仲介でも売れない期間はけっこうストレスがかかるので、このあたりは、しっかりとご相談しながら決定していきます。

カテゴリ

新潟で不動産売買なら江東商事にお任せ!Tel.025-247-3414 受付時間 9:00~18:00定休日第2・第4土曜/日・祝 お問い合わせ