不動産オーナーに関する失…

Blogs不動産オーナーに関する失敗について紹介します!

不動産オーナーになりたい方にとっては、よくある失敗事例を知っておきたいですよね。
オーナーになる前の準備を怠っていると必ず失敗してしまうので、基本的な情報や陥りやすい失敗例は知っておくと良いでしょう。
今回は、新潟市周辺にお住まいの方へ不動産オーナーについての概要や、よくある失敗について紹介します。

 

□オーナーの概要について

 

*不動産オーナーとは

不動産オーナーは、マンションやアパートなどの不動産を持ち、その賃料収入を得ている人の総称です。
不動産オーナーになるために資格は必要ないので、賃貸にする不動産を手に入れたらすぐに始められますよ。
ただし、不動産に関する法律をある程度理解しているのが望ましいといえるので事前に学んでおきましょう。

不動産オーナーになるメリットは、不労所得を得られることです。
働かずに収入を得られるので、けがなど何らかの事情で働けない人でも賃料収入が得られます。
不動産投資は、他の投資に比べても難しくないといえるでしょう。
購入さえできればすぐに始められ手間が少なく、ずっと収入を得られるようになるでしょう。

 

*なるために必要なこととは

1つ目は、基礎知識を身につけることです。
たとえ物件を購入したとしても、その物件の周辺環境や建物自体のコンディションが悪ければ、なかなか借りる人が現れず、安定した収入を上げるのは不可能でしょう。
どのような不動産を購入すれば安定した利益を上げられるのかについては、不動産に関する基礎知識を身につけた上で考えなければなりません。
間取りや立地、土地の状態など、覚えておくポイントはいくつかあるので、資金の借入や利息、登記の仕方などと合わせて知識を身につけると良いでしょう。

2つ目は、経営や税金について勉強することです。
不動産経営で利益を上げた時には、賃料収入で発生する税金など、納税の義務が生じます。
どのような時にどの種類の税金を納めなければならないかを把握するのはオーナーとして当然のことといえるでしょう。
経営や税金については、インターネット上にあるオーナーのブログや本などで情報収集しましょう。

3つ目は、セミナーへの参加です。
知識はより幅広く持っておくのがベストなので、ブログや本だけでなく、セミナーに参加してたくさんの情報を手に入れましょう。
実際に不動産経営している人と話を聞ける機会なので、特に経営の経験がない人の参加は必須といえるでしょう。

4つ目は、資金を貯めることです。
当然、オーナーになるためにはたくさんの資金が必要になりますよね。
不動産を購入する際にローンを組む場合は、頭金の他に諸経費などでおよそ10パーセントの資金がかかります。
一括で購入する場合を除いては、初期費用が払えるだけの自己資金は貯めておかなければなりません。

5つ目は、目的の明確化です。
なんのために不動産投資するのかについては明確にしておきましょう。
自分が必要としている物件の条件を分かりやすくすることで、適切な物件を見つけやすくなるでしょう。

 

□よくある失敗事例について

1つ目は、目的を見失って物件選びを間違えたという事例です。
オーナーの中には、老後の年金代わりとして物件を購入した方もいらっしゃいます。
そのような方によくあるのが、特に何も考えずに安い物件を購入した結果、誰も入居者が現れずに収益を得られないという失敗です。

安定した収入を得るためには入居者が魅力的に感じるような条件がそろっていなければなりません。
不動産の購入を目的にするのではなく、安定した収入を得ることを目的に設定しましょう。
そうすると、どのような物件が適しているかを見分けやすくなりますよ。

2つ目は、投資するのが早すぎたという失敗です。
社会人になってすぐに不動産投資をして失敗したという方もいらっしゃいます。
社会人になってすぐであれば、資産はほとんどない状況なのではないでしょうか。
それでも資産を得ようと借金をしてまで購入すると、大きな失敗につながるので気をつけましょう。

もし選定を間違えてしまうと賃料収入が不安定になるか、赤字になり生活が苦しくなります。
また、しっかりと勤続年数を重ねていれば良い条件でローンを組めるので、基本的には若いうちに投資に手を出すのはおすすめできません。

3つ目は、節税しようとして失敗したという例です。
節税にこだわるということは、赤字を覚悟するということです。
所得税の還付をもらったものの、不動産投資の赤字分を給与所得から補うというケースも往々にしてあることをご存知でしょうか。
節税にこだわらず、納税する前提で、最初は赤字でも長期的視点で見て黒字になるように事前シミュレーションを行い、リスク回避すると良いでしょう。

 

□失敗しないためのポイントについて

不動産オーナーとして失敗しないためにも、事前にしっかりと勉強をしましょう。
自分で調べるのはもちろん、セミナーへの参加で理解を深め、どのような事態にもできるだけ対応できるようにしておくと安心ですよ。
また、目的を明確にしてリスクを回避することも重要です。
資産として持ちたいのか、それともキャッシュフローを重視するのか、各々の状況に合わせて物件選びをすると良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、不動産オーナーの概要やよくある失敗、失敗しないためのポイントを紹介しました。
不動産オーナーは、借りる人さえいれば不労所得を得られます。
一方で、事前準備を怠ると経済的なダメージは大きくなってしまうので、今回紹介した失敗しないためのポイントをしっかりと押さえて、投資を成功させましょう。

監修者情報 >>

カテゴリ

新潟で不動産売買なら江東商事にお任せ!Tel.025-247-3414 受付時間 9:00~18:00定休日第2・第4土曜/日・祝 お問い合わせ

無料査定で売却価格を今すぐチェック!というやつ

60秒で簡単入力